お膝の上で

2012年10月07日
寄り道コースで遊んでくれるときには、車の後部座席で楓が半裸にさせられて弄られたり、
彼のものを夢中になってしゃぶらせてもらうことがほとんどで、入れてもらうことはあまりない。
降り出した土砂降りの雨が目隠しになったこともあるのかな、
車中では珍しいことなのだけど、彼は楓の中に後ろから入ってきてくれた。
ふふ、これはもしかしたら、がんばって動画を撮ったご褒美なのかもしれない^^

後ろ向きに腰を突き出して、彼の膝の上に座る。
努力するまでもなく、楓はそれをすんなり受け入れて、腰を沈め、くねらせて貪る。
足の先まで電気が走って、うれしくて涙が溢れてくる。

そこからはもうよく覚えていないのだけど、(ここからは順番が違ったりするかもしれない^^;)
そういう格好で繋がったことはあまりない楓には、とても新鮮な、不思議な感覚だった。
どうやって動いたらいいかわからなくて、でもひたすら気持ちよくて。
しゃぶっているときは、ちょっとだけオモチャのことを考えたのだけれど、
あっという間に忘れ去ってしまうほど、ホンモノは圧倒的に素敵だった。(当たり前w)

入れられたままうつ伏せにされると、彼は突き上げながら楓の両腕を後ろに捻り上げ、
楓の悲鳴など無視して、そのまま小さく折りたたんでいった。
背中の中心に集められるにつれて、肩が外れそうな、腕が折れそうな痛みが襲う。
痛くて、苦しくて、だけど楓の芯はひどく感じていた。

感じながら、そんなひどいことをする彼の顔が見たくてしかたなかった。
腕が折れてしまいそうな恐怖に怯えながら、必死でカラダを捩った。
耐えきれず、懇願して手を緩めてもらったのかもしれない。
痛くて自分で戻すことができない腕を、彼がそっと戻して撫でてくれる。
そのまま、入れたままクルリと向きを変えられて、彼の胸にカラダをあずけて泣く。
キスしてもらったような気もするけれど、夢だったかもしれない。

夢心地のまま、気がつけばまた楓は彼をしゃぶっていたのかな。
彼はようやく「気持ちいいな」と言ってくれて、お口にくれた。
美味しいご褒美がカラダに、心に沁みていく。

ひどい雨だったので送ってもらっちゃおうかな、なんてズルイことを思っていたのだけど
ちょうど上がってきたので、急いで自転車で帰ることにした。
彼を見送り、念のため持ってきたレインコートを着込んで走り始めると、、、降ってきた。
次第に雨足が強くなって、それはもう凄い土砂降りに(笑)
でもこんな雨はかえって熱くなったカラダには気持ちがいい。

家に辿りついて彼にメールすると、彼も「送っていけばよかったな」と心配してくれていた。
ううん、大丈夫。
目隠しになってくれた雨には、感謝したいくらいだったもの。
素敵な時間をありがとう^^



ランキングに登録してみました。クリックしてくださるとうれしいです。
blogranking エログ−(エログランキング) 
人気アダルトBLOG
Comment

管理者のみに表示

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。
Trackback