オフな年でした

2012年12月31日
書きかけた日記もあったのだけれど、なんとなくまとまらず日にちが過ぎてしまった。
師走に入って少しばかり忙しくなったせいもある。

その間、彼と会えなかったというわけでもない。
それも、ずっと彼が参加したがらなかった、お友達との席に顔を出してくれたりしたのだ。
うん、これは今年の重大ニュースのトップかもしれない(笑)

元はと言えば、芝居を観た後に食事して軽く飲もうか、ということだったのだけれども、
いつのまにか人数が増えて、ちょっとしたオフ会になってしまった。
彼は仕事でムリ、という話だったのだけど、当日、早く終わりそうだと連絡があって、
急遽、当日券を用意して劇場で合流することになった。

芝居の後はお好み焼き、ということは話していたから、どうするのかな、と思っていたけど、
彼は当然のような顔をして加わってくれた。
仕事帰りの、お髭ジョリジョリのちょっと疲れた顔ではなくて、いつになくツルンとしたお顔、
よそいき顔に見えたんだ、楓には(笑)
穏やかな笑顔でみんなに挨拶してくれて、幕間には飴をくれたりして。
あまり喋る人じゃないから、お店に移ってもお座敷の端っこでにこにこ話きいていて、
適当に追加の注文したりしながら、ときどき突っ込み入れてくれたりして、「いい人」な印象?w

みんなの気づかいもいただいて、楽しい宴会になったのだけど、彼は楽しかったのかな・・・?
ちょっと心配だったのだけど、そのあともう一度、一部のメンバーと急に飲むことになって、
ダメモトで突然のお誘いをしてみたら、またしても彼は来てくれたのだ。
何も言わない彼だけど、楓のお友達を気に入ってくれたのかな、と思うとうれしかった。
少し慣れた気安さも手伝って、お酒がまわるにつれ、すっかりSMな会話炸裂、
隣のテーブルや板さんからも丸見え・丸聞こえなのにね^^;
みんなと別れて二人、終電間際の電車でもずっとくっついていられたのだけど、
何食わぬ顔をして、楓の首を吊り上げたりして遊んでくれた彼はやっぱり「どこでもS」だ。

その後しばらく会えなくて、またちょっとグズグズしそうになったところに、
彼は思いがけない機会を与えてくれた。
うれしかったクリスマスイブのことは、年明けにでもゆっくり書くことにしてw

そして年の瀬も押し迫った夜、また急にちょっとした飲み会の話が持ち上がった。
彼も来るかなぁと誘ってみたら、「行かれるよ」
少し早く集まった方々もあって、1時間遅れの楓が着く頃にはすでにみんなと盛り上がり中。
M友さんの彼とはいつの間に仲良くなったのか、S同士というのはやはり意見が合うらしい。
またしても周囲の目を気にすることなくSMネタを語る妙齢の男女、ってどう?^^;
ふふ、傍目はどうあれ、当事者たちはとても楽しい。
そしてそんな中に彼が加わって、少なくともこの楽しい人たちに馴染んでくれたことは、
ずっと「何度誘っても行かないよ」と言っていたのを考えれば画期的なことだ。

今年はこのほかにも、これまで以上にMなお友達とオフで会う機会を持つことができた。
日記には書きそびれてしまったけれど、写真展などにも連れて行っていただいたり、
ちょっとした冒険もね(笑)

今までも、きっと行こうと思えば行かれたのだ。
だけど楓はいろいろなことを初めから諦めていたのかもしれない。
こうして少しずつ動き出せるようになったのは、やはり彼が背中を押してくれたからだ。
この年になって今更?かもしれないけれど、まだまだ時間はあるはずだよね。
新しい年も、もっとお外に目を向けていこう。

今年も皆さまにはいろいろお世話になり、どうもありがとうございました。
どうぞ良い年をお迎えください。

今年もありがとう(*^_^*)




ランキングに登録してみました。クリックしてくださるとうれしいです。
blogranking エログ−(エログランキング) 
人気アダルトBLOG
Comment
秘密のコメント
ブログ管理人への秘密コメントです
秘密のコメント
ブログ管理人への秘密コメントです

管理者のみに表示

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。
Trackback
気になる!アンダーヘアのお手入れ事情 そして、やっぱり気になるアンダーヘアのこと。海外では毛をすべて取り去る処理が主流なのだとか!! 日本人の常識は、アメリカでは非常識!? ▲ NYだけでなく、欧米諸国ではアンダーヘアの処理は常識! 山本さんいわく、ニューヨークの女性は、ブラジリアン・ワックスという施術法でアンダーヘアをすべて取り去っているパターンがほとんど。サロンによっては一部の毛を残すところもあるものの、それはあくまでもデザイン的な意味合いで、日本のように「水着を着たときに気にな